2023年5月開催 ランチョンセミナーのご報告 | CPC株式会社

2024/02/15

2023年5月開催 ランチョンセミナーのご報告

今回は第96回日本整形外科学会学術総会で共催いたしました、ランチョンセミナー44のご報告を掲載させていただきます。

      

◇―――――――――――――――――――――――――――――◇

第96回日本整形外科学会学術総会 ランチョンセミナー44

◇―――――――――――――――――――――――――――――◇

      

■開催日時

現 地 開 催 :2023年5月14日 (日) 12:10~13:20

      

■開催場所

第6会場 パシフィコ横浜会議センター 4階 411+412

      

■演題

「変形性膝関節症に対する自己脂肪由来幹細胞の関節内投与による治療の実際」

      

■出演者

座長:齋藤 琢 医師         東京大学大学院 医学系研究科 整形外科学 准教授

講師:山神 良太 医師   東京大学大学院 医学系研究科 整形外科学 助教 

東京大学医学部附属病院 人工関節センター 副センター長

      

◇――――――――――――――――――◇

ランチョンセミナーのご報告と御礼

◇――――――――――――――――――◇

      

ランチョンセミナーにご参加いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

      

日本整形外科学会学術総会が開催されたパシフィコ横浜には、多くの方がお越しになられていました。当社共催のランチョンセミナーにも大変多くの先生方にお越しいただきました。講演開始前には満員となり急遽聴講席を増設するなど、大盛況を博しました。

      

講演終了後も熱心にご質問される方が多く、時間ぎりぎりまで質疑応答が行われました。

     

途中退席者もほとんどいらっしゃらず、お知り合い同士でご参加くださる方や、乗り出しながら聞いてくださる方、熱心にメモを取っていらっしゃる方もいらっしゃいました。

     

ご来場いただいた方々にアンケートへご協力頂きましたが、ご回答頂いたうち8割を超える方々に「講演内容に満足した」とお答え頂きました。また、「今後前向きに治療導入を検討していきたい」、「詳しく話を聞きたい」等のお声を頂戴いたしました。今回ご出席いただいた先生方のなかには、患者様の幹細胞治療への関心の高さを感じて本セミナーの聴講に来られた先生もいらっしゃったようです。

     

ご回答いただいた内容は今後の参考にいたします。誠にありがとうございました。

     

◇――――――――――――――――◇

講師の山神医師はどんな方?

◇――――――――――――――――◇

     

山神 良太 医師

・平成19年度東京大学整形外科 入局

・平成28年~東京大学医学部附属病院 整形外科

・令和4年4月~東京大学医学部附属病院 人工関節センター副センター長

     

難治症例の人工関節から部分置換術(UKA)、最近話題となっているKinematic alignment法による人工関節置換(KA-TKA)や、ロボット手術支援システムを用いた人工関節まで、幅広く手術を行っています。

     

今回のランチョンセミナーでは、人工関節置換術に精通する膝関節外科医の立場から見た幹細胞治療について、ご発表いただきました。

     

◇――――――――――――――――――――――◇

山神医師へ直撃インタビュー!~講演を終えて~

◇――――――――――――――――――――――◇

     

Q)講師である山神医師を目当てにご来場された先生方も複数名いらっしゃいましたが、

今回のランチョンセミナーはいかがでしたか?

今回のランチョンセミナーを通じて、幹細胞治療への関心の高さを改めて実感することができました。幹細胞治療はまだまだ分かっていないことも多い治療です。今後も皆様に共有できるよう臨床データの解析等を進めて参りますので、よろしくお願いいたします。

     

◇―――――――――◇

さいごに

◇―――――――――◇

      

昨今幹細胞治療は、整形外科だけではなく様々な領域で注目されています。今回の学会を通じて、更に普及していくであろうことを感じました。当社は「一人でも多くの患者さんに、負担の軽い・信頼される幹細胞治療をお届けしたい」というミッションを掲げています。提携している医療機関様と今後も活発な情報共有を行い、幹細胞治療の臨床経験を共に積み上げていけたらと思います。当社取り組みとして、ランチョンセミナー共催や、情報共有会開催を予定しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

     

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――