幹細胞とは

CPC(細胞培養加工室)

CPCとは細胞を培養するために必要な清浄度が保たれている専用のクリーンルームです。

院内併設のCPC
(Cell Processing Center:
細胞培養加工室)

CPC(細胞培養加工室)の稼働には「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に則り、厚生労働省から施設番号が付与されていることが条件となります。
アヴェニューグループのCPCは、厳しい条件をクリアしています。
臨床経験を積んだ再生医療認定医と連携の下、専門の技術を取得した培養士が医療機関様よりお預かりした幹細胞の基となる大切な脂肪組織を最終的な細胞検査まで責任を持って培養します。
衛生面や安全面においてもCPCへ入室の際は、作業を行う培養士は防塵服を着用し手袋を二重にするなど細心の注意を払い日々対応しています。
また、治療方法や患者様の体格に合わせて最適な細胞数を算出し培養するので、高品質な治療提供が可能です。

更衣場所

更衣場所

CPC内に入る際に更衣場所を設置しています。
培養士は防塵服や手袋を着用し、必ず2人1組で入念なチェックをし入室します。CPC内から外部へ出る際もこちらで脱衣します。
外気を遮断するため、二重扉となっており更衣場所から外部へ繋がる扉とCPC内へ繋がる扉はどちらか一方しか開かない仕組みになっています。

パスボックス

パスボックス

外から埃などが入らないようにする為、更衣場所同様二重扉となっており、どちらか一方しか開かない構造になっています。
このボックスを通じてCPC内から外部への検体や必要な資材の出し入れを行っています。

安全キャビネット

安全キャビネット

装置内部の菌や微生物が空気中に漏れることを防ぎ、無菌作業を行うことができる装置です。幹細胞培養において要となる必要な作業を行っています。

CO2インキュベーター

CO2インキュベーター

温度・湿度・CO2濃度を一定とすることで安定した環境を作り、細胞をより生理的条件に近い状態で培養し、育てるための装置です。
幹細胞培養において必要不可欠な装置です。

顕微鏡

顕微鏡

顕微鏡を用いて培養した細胞の観察を行っています。

細胞保管用タンク

細胞保管用タンク

タンク内液体窒素により培養した細胞の一部を凍結保存しております。期間内であれば保管された細胞を使用することができるので同一の患者様が再度投与したいご希望があった場合、改めて脂肪採取をすることが不要です。
-196℃という徹底した温度管理下で細胞を保存しており、品質面でもご安心頂けます。